思春期ニキビの日焼け止めの選び方

思春期ニキビの日焼け止めの選び方|炎症の悪化を防げ!

思春期ニキビの日焼け止めの選び方|炎症の悪化を防げ!

太陽からの紫外線

 

紫外線で思春期ニキビは悪化します。

 

 

日焼け止めを使うと思春期ニキビが悪化するんじゃないかと
心配している人も結構いると思います。
でも、紫外線の強い時期に日焼け止めを使わないなんで絶対ダメ!

 

 

紫外線はニキビを悪化させるポルフィリンを発生させたり、
活性酸素を発生させ炎症を悪化させることがわかっています。
確かに日焼け止めは肌に悪い成分が使われていますが、
それでも紫外線を直接浴びるより全然マシなのです。

 

 

なので、日焼け止めは必ず使いましょう!
その中でできるだけ肌に負荷のかけない選び方や使い方をすることが
思春期ニキビを悪化させないために大切です。

 

 

そこで今回は

  • 思春期ニキビの悪化を防ぐ日焼け止めの選び方
  • 正しい日焼け止めの使い方

をお伝えします。

 

 

 

 

思春期ニキビの悪化を防ぐ日焼け止めの選び方

 

ポイントは2つあります。

 

思春期ニキビの悪化を防ぐ日焼け止めの選び方
  • SPFとPA
  • 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

 

SPFとPA

 

日焼け止めの効果を示す表示として

  • SPF
  • PA

という2つのものがあります。
これらの意味って分かりますか?
単純に数字や+が多いものを使えば良いわけではありません。

 

 

SPF(Sun Protection Factor)

 

SPFはSun Protection Factorの略称で
紫外線B波(UVB)の防止効果を数値で表しています。
もう少しわかりやすく言うと、
肌が日焼けするのを遅らせる効果があるものです。

 

 

SPFの後ろの数字が大きいほど効果が高いのですが
効果が高いほど肌への負担も大きくなります。

 

 

日本で普通に生活を送る分には
学校では屋内で授業を受けることがほとんどですから
SPF20程度のもので十分です。
部活などで長い時間外にいるときには
2〜3時間おきに塗り直せば大丈夫です。

 

 

 

PA(Protection Grade of UVA)

 

PAはProtection Grade of UVAの略称で
紫外線A波(UVA)の防止効果を+の数で表しています。
表示はPA+〜PA++++まであります。

 

 

紫外線A波は角質層を透過して真皮まで届くので
コラーゲンやエラスチンを破壊し活性酸素を発生させ
肌の老化をどんどん進めてしまいます。

 

 

大まかな目安としては

  • PA+:屋内での活動
  • PA++:屋内+屋外での活動
  • PA+++:長時間の屋外での活動
  • PA++++:紫外線が強い地域での活動

という感じです。
なので、日本で普通に生活する分にはPA++で十分です。

 

 

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

 

紫外線を防ぐための成分としては

  • 紫外線吸収剤:日焼け止めの中で紫外線を吸収する
  • 紫外線散乱剤:細かい金属が紫外線を反射する

の2種類があります。
日焼け止めが肌に悪いと言われているのは紫外線吸収剤の方。

 

 

紫外線吸収剤の方が白くなりにくいし伸びが良く
使用感が良いのは確かです。
ただ、ほぼ化学成分で構成されていて
刺激が強く肌に負荷がかかるので
ニキビを悪化させる危険があるのです。

 

 

なので、思春期ニキビがある場合は
紫外線吸収剤を避けて散乱剤の方を選ぶようにしましょう。

 

 

主な紫外線吸収剤は

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(UVB)
  • パラジメチルアミノ安息香酸2-エチルヘキシル(UVB)
  • オクトクリレン(UVB)
  • エチルヘキシルトリアゾン(UVB)
  • オキシベンゾン-○(UVB)※○の中は数字
  • フェニルベンズイミダゾールスルホン酸(UVB)
  • t-ブチルメトキシジベンソイルメタン(UVA)
  • ジエチルアミノヒドロキシジベンゾイル安息香酸ヘキシル(UVA)
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン(UVB・UVA)
  • メチレンビズベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール(UVB・UVA)

などです。

 

 

 

 

正しい日焼け止めの使い方

 

日焼け止めは一度にべっとり塗れば良いわけではありません。
思春期ニキビを悪化させないためにも正しい使い方をしましょう。

 

正しい日焼け止めの使い方
  • 肌にムラなく伸ばす
  • 塗るときに絶対に擦り込まない
  • 2〜3時間おきに塗り直す
  • 使用後にはしっかり洗い流す

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

 

肌にムラなく伸ばす

 

塗りムラがあると日焼け止めの効果が落ちます。
なので、必要なところにまんべんなく伸ばしましょう。

 

 

 

塗るときに絶対に擦り込まない

 

日焼け止めは化学成分なので
低刺激なものを選んでも擦り込んでしまったら刺激になります。
ずっと肌に残ってしまったら他の肌トラブルにもなります。

 

 

なので、塗るときには肌表面で薄く延ばすだけで
決して力を入れてゴリゴリしないようにしましょう。

 

 

 

2〜3時間おきに塗り直す

 

夏は汗をかくので、一緒に日焼け止めも落ちてしまいます。
なので、2〜3時間おきに塗り直すをしっかり紫外線を防げます。

 

 

一度にたっぷり塗っても結局汗で落ちてしまいますし、
肌にも負荷がかかります。
肌に優しくするためにも薄く塗って適度に塗り直すように。

 

 

 

使用後にはしっかり洗い流す

 

家に帰ったら洗顔や体を洗って日焼け止めをしっかり落とすこと。
塗りっぱなしは肌に負荷がかかってしまいます。

 

 

しっかり落とすと言ってもゴシゴシ擦ると
肌に刺激になったり、色素沈着してシミになったりするので
洗うときには優しくするのは洗顔の基本は変わりません。
ついつい力が入りがちなので気をつけましょう。

 

 

 

 

>>>思春期ニキビを治す方法|中学生のお子様を持つママへTOPへ戻る

中高生の息子・娘がニキビ顔を治し、リア充思春期になった物語


学生時代はニキビ顔・社会人でも吹き出物が多発し、

肌がボコボコで汚い・モテない・自信がないだった私が、

たった3ヶ月で中高生の子供をツヤ美肌にした逆転物語。


メールストーリーでは
私の中高生の息子・娘が大逆転で
思春期ニキビのボコボコ顔から
ツヤ美肌を手に入れるまでの具体的な道のりを
楽しく面白くお伝えしています。


例えば、

  • 普段やっている美容法はどんなものがあるのか
  • 汚肌⇒美肌になると起きる驚くべき周囲の変化とは
  • 未来も美肌!10代でやるべきシンプルな美容法とは

など、サイトには書けないリアルな裏話が今だけ公開中です(無料)


今まさに思春期である中高生が読んでも良し、
その年代のお子様がいるお母様が読んでも良し。


世の中には多くの情報が溢れていて、
多すぎて何が本当なのかよくわからない時代です。
だからこそ、個人のリアルな声が必要だと思い、
メールストーリーを始めることにしました。

無料ですのでこの機会に是非ご登録ください。
私の本音が溢れています↓↓

中高生の息子・娘がニキビ顔を治し、リア充思春期になった物語


 
思春期ニキビを治す洗顔料 思春期ニキビを治す化粧水 思春期ニキビを治す青汁 プロフィール