脂性肌のスキンケア

脂性肌のスキンケア|正しいやり方と化粧品の選び方

脂性肌のスキンケア|正しいやり方と化粧品の選び方

スキンケアをしている女性

 

脂性肌はスキンケアが上手くできていなくて
できてしまうことが非常に多いです。
ということは、逆を言えば
スキンケアを正しくできるように見直せば
脂性肌は治るということ!

 

 

あのベタつきやテカリ、化粧崩れでもう悩まないためにも
スキンケアを改善して脂性肌を治しましょう。

 

 

そこで今回は
脂性肌のスキンケアの正しいやり方と選び方を

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 化粧水
  • 乳液

のステップ毎にお伝えします。

 

 

 

クレンジング

 

脂性肌の人は毛穴汚れやテカリが気になるので
汚れを落とそうとクレンジングをやり過ぎる傾向にあります。
クレンジングをやり過ぎると肌が乾燥して
皮脂の分泌が増えるのでダメ。

 

 

クレンジングのやり方

 

クレンジングの正しいやり方は

  • 短時間で素早く化粧を落とす
  • 力を入れてグリグリしない

ようにすることです。

 

 

最初にお伝えしたようにクレンジングを長時間行うと
肌が乾燥して皮脂の分泌が増加し脂性肌が酷くなるので
短時間でパパッと済ますようにしましょう。

 

 

また、力を入れてグリグリするのは肌に負荷がかかるし、
汚れが毛穴に押し込まれるので絶対にやめましょう。

 

 

力を入れず短時間でクレンジングを済ますことで
肌への負担を少なくし乾燥も防げるので
肌質が改善していきます。

 

 

 

クレンジング剤の選び方

 

クレンジング剤は

  • 短時間で素早く化粧が落ちる
  • 力を入れなくても化粧が落ちる

ものを選びましょう。

 

 

メイク落としに時間がかかったり、
クルクル指で擦らないと化粧が落ちないのは
クレンジング剤があなたのメイクに合っていない証拠です。

 

 

低刺激であることも大切ですが、
メイクをしっかり落とすことがクレンジングの目的なので
メイクがキレイに落ちるものの中で低刺激性を重視しましょう。

 

 

最近は保湿効果を高めたクレンジング剤があるので
肌への潤いのためにそういったものがオススメ!

 

⇒脂性肌に合うおすすめクレンジング!

 

 

 

 

洗顔

 

クレンジング同様に洗顔もやり過ぎていることが多いです。

 

 

洗顔方法

 

脂性肌を治す洗顔のポイントは

  • キメ細かい泡を肌を擦らず転がすように顔を洗う
  • ぬるま湯で素洗い・すすぎを行う
  • 洗顔回数は1日朝晩2回

です。

 

 

ベタつきやテカリ・毛穴汚れを落とすために、
ゴシゴシ擦る洗顔を1日に何度も行う人も意外と多いので
それは絶対にやめましょう。
結局肌が乾燥して皮脂の分泌が増えるので
脂性肌が全然治らなくなります。

 

 

洗顔は1日最低限の回数で優しく行うと、
肌にも負担が少なく乾燥も防げるので
皮脂の分泌を抑えることができます。
それによって脂性肌が治っていきます。

 

 

 

洗顔料の選び方

 

脂性肌に合う洗顔料は

  • キメ細かい泡が作れること
  • 保湿成分配合で洗顔後のツッパリ感が無いこと

を満たしたもの。

 

 

キメ細かい泡が汚れや皮脂を吸着して落としてくれます。
汚れを落とす効果としてはこれが一番効果が高いです。
ベタつきや毛穴汚れ解消には必須!

 

 

保湿成分は皮脂の分泌を抑えるために重要視しましょう。
ツッパリ感がある方が皮脂も落ちて洗った気分になりますが、
肌が乾燥している証拠なのでダメです。
今の洗顔料だと洗顔後に突っ張るならすぐに買い換えて。

 

⇒脂性肌に合う洗顔料の選び方と最適な洗顔方法!オススメも!

 

 

 

 

化粧水

 

乾燥が原因の脂性肌には
化粧水で角質を保湿しインナードライを防ぐことが大切です。

 

 

化粧水の使い方

 

化粧水は

  • たっぷりの量を使う
  • 手のひらで押し込むように優しくつける

ようにしましょう。

 

 

脂性肌だとベタつきが気になるからと
少量で済ませてしまいがちですが、
角質が乾燥するとすぐに皮脂が分泌されてベタつくので注意。

 

 

 

化粧水の選び方

 

脂性肌に合う化粧水は

  • 高保湿(角質に浸透し水分を抱える保湿成分)
  • アルコール未配合

のものです。

 

 

化粧水の一番の目的は角質層の保湿なので、
肌の奥まで浸透するように成分のナノ化など工夫されていて、
角質で水分を抱えることができる保湿成分配合を選びましょう。

 

 

アルコールは肌を乾燥させるので絶対ダメです。
脂性肌だとサッパリ系の化粧水を選ぶことが多く、
そういったものには配合されていることが多いので要注意。

 

⇒脂性肌に合う化粧水の選び方と使い方|オススメも!

 

 

 

 

乳液

 

脂性肌に合うものを選べば
ベタつきもニキビも回避できます。

 

 

乳液の使い方

 

乳液の正しい使い方は

  • 適正な量を守って使う
  • 手のひらで押し込むように優しくつける

です。

 

 

乾燥を防ぐために使いすぎもベタつくのでダメ。
脂性肌で皮脂のベタつきが気になるから使わないのもダメです。
パッケージに記載のある適量を守って使いましょう。

 

 

 

乳液の選び方

 

脂性肌に合う乳液は

  • 高保湿(特に肌表面で水分を抱える成分が多い)
  • 油分が少ない

ものです。

 

 

肌表面で水分を抱える保湿成分が多いものは
油分が少なくても高保湿で、
化粧水で浸透させた成分にしっかり蓋ができます。

 

 

さらにニキビやべたつきも回避でき、
脂性肌を治すにはこの乳液が必須と言えます。

 

⇒脂性肌に合う乳液の選び方と使い方|オススメも!

 

 

 

 

>>>思春期ニキビを治す方法|中学生のお子様を持つママへTOPへ戻る

中高生の息子・娘がニキビ顔を治し、リア充思春期になった物語


学生時代はニキビ顔・社会人でも吹き出物が多発し、

肌がボコボコで汚い・モテない・自信がないだった私が、

たった3ヶ月で中高生の子供をツヤ美肌にした逆転物語。


メールストーリーでは
私の中高生の息子・娘が大逆転で
思春期ニキビのボコボコ顔から
ツヤ美肌を手に入れるまでの具体的な道のりを
楽しく面白くお伝えしています。


例えば、

  • 普段やっている美容法はどんなものがあるのか
  • 汚肌⇒美肌になると起きる驚くべき周囲の変化とは
  • 未来も美肌!10代でやるべきシンプルな美容法とは

など、サイトには書けないリアルな裏話が今だけ公開中です(無料)


今まさに思春期である中高生が読んでも良し、
その年代のお子様がいるお母様が読んでも良し。


世の中には多くの情報が溢れていて、
多すぎて何が本当なのかよくわからない時代です。
だからこそ、個人のリアルな声が必要だと思い、
メールストーリーを始めることにしました。

無料ですのでこの機会に是非ご登録ください。
私の本音が溢れています↓↓

中高生の息子・娘がニキビ顔を治し、リア充思春期になった物語


 
思春期ニキビを治す洗顔料 思春期ニキビを治す化粧水 思春期ニキビを治す青汁 プロフィール